紅の空 紅葉狩りツーリング記行

2016.11.27(Sun)

007-01.jpg

 今月の中ほど、赤に染まる葉を追ってバイクでひとっ走りしてきました。
やはり秋と言えば、紅葉は外せないですよね

更にはもう11月。
あと少しで路面凍結などが始まり、ツーリングも難しくなってしまいます。
ならば今のうちに行って来ないと
と、走りを優先してしまうのがライダーですw
007-02.jpg

 お寺には少量ですが、駐車場も完備。
到達するまでは細い道を進んで行くようですが、少し手前にはお寺の名前が彫り込まれた石柱が目印として立っています。

007-03.jpg

 崇禅寺は元久2年に法然上人の弟子である明智上人により開創され、現在に至る800年以上地元の人たちからは阿弥陀様の御寺として親しまれているそうです。
駐車場から階段を上り山門をくぐれば、眼前に佇む本堂と右手に鐘楼の姿。

007-04.jpg

このお寺は境内の整備がしっかりしており、左に進むと散策路が用意されています。
紅葉をくぐり延命坂を登ると、その先には観音堂
延命坂って、何だか縁起の良い名前ですよね。
さらには弥陀の小径と続き、上り坂で疲れた身体を休められる東屋なども。

007-05.jpg

 ここの良い点は、他の人があまりいない隠れ家的スポットであることです。
数年前に発見して訪れた時は、見事に真っ赤に染まった紅葉と日曜日という好条件にも関わらず、すれ違ったのはご年配の方数名。
更には撮影当日も土曜日だったのですが、散策路であったのは同じくカメラを抱えた若い女性1人。
まさに撮影にはうってつけの場所です

007-06.jpg

 小径から東に進めば本尊阿弥陀如来様の像があり、更に進むと夢違庵という小さな小屋が建っています。
すぐ横には高い竹林が青々とそびえており、風に揺られて葉が良い音を奏でます。

007-07.jpg

意外と広く、シチュエーションが様々。
着物や浴衣姿がピッタリな場所です。
これなら紅葉の時期以外でも楽しめそうな予感。

007-08.jpg

 一度夢違庵まで戻ると、本堂の裏手へと下りられる階段があります。
この階段、かなり急ですので登り降りのさいには十分ご注意を
しかしその先には、これまた見事な紅葉と池が待っていました。

007-09.jpg

多分、上の方に人がいないのはこの場所があるからではないかと思われます。
境内へ入ってすぐ、とても良いスポットが待っている。
上にも見応えのある個所はありますが、いかんせん上り坂のオンパレード。
極めつけは、訪れる人のほとんどが御年輩の方。
この3点を合わせた結果、同じ境内に隠れ家的穴場が生まれているのだろうと。

007-10.jpg

 ゆっくり回っても30分ほどあれば楽しめるお寺でした。
これはドール撮影に丁度良い場所
来年こそはここで野外撮影を決行したいですね。

少し早目の紅葉を堪能したあとは、時間も余裕がありましたので次のスポットへとバイクを走らせました。
その場所も、この時期に咲く花が楽しめるお祭り会場です。
しかし今回はここまで。
また次回、その時撮影してきた写真を公開させていただきますね。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

拍手コメントのお返事を記載させていただきます

・11/21 亀さん様

こんばんは
いつもコメント感謝です^^

りんごさんやスタッフさんコーデには、いつもお世話になりっぱなしw
本当に可愛いものが多いよね
帽子は自分もお気に入りです。

こういったセットも通販で販売してくれたら、みんな絶対買うと思うんだけどなぁ。
もちろん、自分も含めてw

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、クリックで応援お願いします。

bnr_n.gif  

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪
スポンサーサイト

Category: ツーリング

17:37 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ふぉーかす

Author:ふぉーかす
当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。
ここではAZONEさんの1/6ドール“ピュアニーモ”と、それに付随するあれこれを中心にお送りいたします。
同趣味のオーナー様からのリンク大歓迎です。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

ランキング参加中

bnr_n.gif

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。